SonyMusicFoundation|公益財団法人ソニー音楽財団

コンサートのご紹介

MIKIMOTO 日本赤十字社 献血チャリティ・コンサート

MIKIMOTO 第52回 日本赤十字社
献血チャリティ・コンサート New Year Concert 2016

2016年1月17日(日) サントリーホール(東京都)
13:15開場/14:00開演

終了しました

 

コンサートの収益金は、日本赤十字社へ寄付され、
血液運搬車の購入・整備資金に充てられます。

 

※当日券は、1月17日(日)13:15よりサントリーホール入口にて
 S席とA席のみ50枚程度販売致します。

公演詳細

日時 2016年1月17日(日)
13:15開場/14:00開演
場所 サントリーホール (東京都)

○銀座線・南北線『溜池山王駅』13番出口より徒歩約10分
○南北線『六本木一丁目駅』3番出口より徒歩約5分

出演

横坂 源(チェロ)
木嶋 真優(ヴァイオリン)
大友 直人(指揮)
東京都交響楽団(管弦楽)

曲目

サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調 作品33 (チェロ:横坂 源)
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26 (ヴァイオリン:木嶋 真優)
ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》 [M.ラヴェルによる管弦楽版]

※曲目は変更となる場合がございます。

主催 Sony Music Foundation
共催 公益財団法人東京都交響楽団
後援 日本赤十字社
協賛 ミキモトグループ【株式会社ミキモト株式会社御木本真珠島御木本製薬株式会社

チケット情報

発売日 9月16日(水) 一般発売
9月9日(水) 〜 9月14日(月) イープラス・チケットぴあ先行発売
料金

【全席指定・税込】
S席:6,000円
A席:4,000円
B席:3,000円
P席:2,000円 ※予定枚数終了

※未就学児入場不可

プレイガイド イープラス  
チケットぴあ   (Pコード:272-719)
サントリーホールチケットセンター   0570-55-0017 (休館日を除く10-18時)
都響ガイド   03-3822-0727 (平日10-18時)

出演者プロフィール

横坂 源(Gen Yokosaka)

横坂 源(Gen Yokosaka)

チェロ

桐朋学園女子高等学校(男女共学)、同ソリストディプロマ・コースを経て、シュトゥットゥガルト国立音楽大学、並びにフライブルク国立音楽大学で研鑚を積む。

2002年、15歳で全日本ビバホール・チェロコンクール最年少優勝受賞、2010年ミュンヘン国際音楽コンクール第2位。その他、出光音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞、ホテルオークラ音楽賞など多数受賞。室内楽部門では、2009年に全ドイツ学生音楽コンクールで第1位を受賞。

1999年、13歳で東京交響楽団とサン=サーンスのチェロ協奏曲を共演したのを皮切りに、国内外主要オーケストラと多数共演し好評を博している。また、室内楽奏者としても、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、東京・春・音楽祭、宮崎国際音楽祭、武生国際音楽祭など多数出演している。これまでに、鷲尾勝郎、毛利伯郎、ジャン=ギアン・ケラスの各氏に師事。

ピエール・ブーレーズ指揮ルツェルンフェスティヴァル・アカデミーに18歳で参加して以来、現代音楽にも強い関心を示している。サントリーホールディングス株式会社所有の1710年 Pietro Giacomo Rogeri 制作のチェロを貸与されている。

オフィシャル・サイト:http://yokosaka-gen.com/

木嶋 真優(Mayu Kishima)

©須藤敬一

木嶋 真優(Mayu Kishima)

ヴァイオリン

神戸生まれ。3歳でヴァイオリンを始める。

2000年第8回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール・ジュニア部門にて日本人として最年少の13歳で最高位(1位なし第2位)を受賞。2011年ケルン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で優勝、あわせてその優れた音楽的解釈に対しDavid Garrett賞も受賞した。

2004年6月 モスクワでスピヴァコフ指揮ロシアナショナル・フィルと共演し、地元紙では、「巨匠 ロストロポーヴィッチが『世界で最も優れた若手ヴァイオリニスト』と絶賛するにふさわしく、見事なテクニックと成熟した解釈で聴衆を圧倒した。」と評される。

レコーディングは、NHK交響楽団音楽監督に就任したウラディーミル・アシュケナージから強い推薦を受け、「アシュケナージ&NHK交響楽団」の“ツィガーヌ”に参加。そのほかソロCDは「シャコンヌ」、「Rise」をリリース。

現在ヨーロッパを中心に活動を展開し、ルガノのマルタ・アルゲリッチ音楽祭、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団等へ参加している。

公式ホームページ:http://kishimamayu.seesaa.net/

大友 直人(Naoto Otomo)

©Rowland Kirishima

大友 直人(Naoto Otomo)

指揮

桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦によりNHK交響楽団を指揮してデビュー。現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザー。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。

在京オーケストラの定期演奏会にとどまらず、2012年3月にはハワイ交響楽団のオープニングコンサートを指揮、以降定期的に客演し、同年6月にはロレーヌ国立管弦楽団の定期公演に客演、絶賛を博す。2013年にはエネスク国際音楽祭に招かれ「弦楽八重奏op.7」を演奏。〝繰り返し演奏されているが、今回の演奏は最高の演奏"〝日本のオーケストラ演奏が西洋音楽への新しい希望を見出した。"と評され、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。

第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。

オフィシャル・サイト:http://www.kajimotomusic.com/jp/artists/k=45/

東京都交響楽団(Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra)

©池本さやか

東京都交響楽団(Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra)

管弦楽

東京オリンピックの記念文化事業として1965年東京都が設立(略称:都響)。
2015年に創立50周年を迎え、大野和士が音楽監督、小泉和裕が終身名誉指揮者、エリアフ・インバルが桂冠指揮者、ヤクブ・フルシャが首席客演指揮者を務める。定期演奏会などを中心に、小中学生への音楽鑑賞教室(約60回/年)、青少年への音楽普及プログラム、多摩・島しょ地域での訪問演奏、ハンディキャップを持つ方のための「ふれあいコンサート」や福祉施設での出張演奏など、多彩な活動を展開。
《首都東京の音楽大使》として、これまで欧米やアジアで公演を成功させ、国際的な評価を得ており、2015年11月にはベルリン、ウィーンなど5ヶ国6都市をめぐるヨーロッパツアー(指揮:音楽監督・大野和士)を行い、細川俊夫の委嘱新作などを演奏する。
受賞歴に、「第6回京都音楽賞大賞」受賞、インバル指揮「ショスタコーヴィチ:交響曲第4番」での第50回レコード・アカデミー賞〈交響曲部門〉および第25 回ミュージック・ペンクラブ音楽賞〈コンサート・パフォーマンス賞〉・〈録音・録画作品賞〉など。
オフィシャル・サイト: http://www.tmso.or.jp