SonyMusicFoundation|公益財団法人ソニー音楽財団

コンサートのご紹介

GREAT ARTIST SERIES

モーリス・ブルグ・トリオ

2015年5月29日(金) トッパンホール(東京都)
18:15開場/19:00開演

終了しました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • mail


※当日券は、5月29日(金)18:15より若干数販売致します。

モーリス・ブルグ・トリオは、ハインツ・ホリガーと並び称されるオーボエの巨匠、モーリス・ブルグによって1988年に結成され、その後、メンバーの変更を伴いながら現在に至っている。現在のメンバーであるファゴット奏者セルジオ・アッツォリーニ、ピアニスト今仁喜美子とは2011年から組んでいるが、その決定的な出会いは“一目惚れ”だった。三人の音楽家は初共演の時、“よどみないサウンド”という意味において、ハーモニーとリズムについて同じ感覚を感じていたのである。

これまでヨーロッパにおける数多くの音楽祭で演奏をしており、特にパリ、ベルリン、バーゼルでは頻繁にコンサートを行っている。

11thoboe

公演詳細

日時
2015年5月29日(金)
18:15開場/19:00開演
場所
トッパンホール (東京都)

○JR総武線(東口)、有楽町線、東西線、南北線、大江戸線(B1出口)『飯田橋駅』より徒歩約13分
○有楽町線(4番出口)『江戸川橋駅』より徒歩約8分
○丸ノ内線、南北線(1番出口)『後楽園駅』より徒歩約10分

出演

モーリス・ブルグ(オーボエ、コールアングレ)
セルジオ・アッツォリーニ(ファゴット)
今仁 喜美子(ピアノ)

曲目

C.Ph. E. バッハ:トリオ・ソナタ へ長調 Wq.163~コールアングレ、ファゴットとピアノのための
W.F. バッハ:ソナタ ハ短調~ファゴットとピアノのための
C.Ph. E. バッハ:ソナタ ハ短調Wq.78~オーボエとピアノのための
J.ハイドン:ピアノ三重奏曲 第29番 ト長調 Hob. XV:15
M.グリンカ:悲愴三重奏曲 ニ短調~オーボエ、ファゴットとピアノのための
F.プーランク:三重奏曲FP.43~オーボエ、ファゴットとピアノのための

※曲目・曲順は変更になる場合がございます。

主催
Sony Music Foundation
後援
日本オーボエ協会日本ファゴット(バスーン)協会
協賛
ソニー株式会社ソニー銀行株式会社

チケット情報

発売日
2月13日(金) 一般発売
2月4日(水) 〜 2月11日(水) 先行発売
料金

【全席指定・税込】

一般    ¥6,000
ユース ¥3,000
〔ユースは1990年4月2日以降生まれの方。公演当日、年齢が確認できる書類を必ずお持ちください。〕

※未就学児入場不可

プレイガイド
イープラス
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:254-879)
トッパンホールチケットセンター 03-5840-2222 (10:00~18:00 日祝休)

出演者プロフィール

モーリス・ブルグ(Maurice Bourgue)

モーリス・ブルグ(Maurice Bourgue)

オーボエ

プロフィールを見る

1966年、バーミンガムで開催された国際管楽器コンクールで、サー・ジェームズ・ゴールウェイと一位を分け合い、その後も、ミュンヘン、プラハ、ブダペストのコンクールで一位入賞を果たす。シャルル・ミュンシュに見出されてパリ管弦楽団の首席オーボエ奏者に抜擢され、1979年までその任にあった。ソリストとして、世界各地の主要コンサート・ホールに出演。世界の主要なオーケストラ、室内オーケストと数多く共演。アバド、バレンボイムなど著名な指揮者とも共演している。近年では指揮者として、ヨーロッパを中心に数多くのオーケストラに招かれている。教育者としても名高く、パリ国立高等音楽院、ジュネーヴ音楽院、ギルドホール音楽院、フランツ・リスト音楽アカデミーをはじめ、世界中の主要な音楽学校で教鞭をとっており、音楽祭でもマスタークラスを行っている。また、1994年から「国際オーボエコンクール・東京/軽井沢」の審査委員を務めている。
第11回 国際オーボエコンクール・軽井沢HP : http://oboeck.jp

セルジオ・アッツォリーニ(Sergio Azzolini)

セルジオ・アッツォリーニ(Sergio Azzolini)

ファゴット

プロフィールを見る

現代の最も革新的で多様性のあるファゴット奏者の一人である。ファゴット奏者間では知らない人がいないと言われるぐらい天才肌の奏者として、高い評価を得ている。イタリアのボルツァーノで学んだ後、ドイツのハノーヴァーで学業を終えた。モダン・バスーンのソリスト及び室内楽奏者としての活躍に加え、バロック音楽の世界でも幅広く活動している。現在はヴィヴァルディの39のファゴット協奏曲の全曲レコーディングに取り組んでいる。1998年からバーゼルの音楽大学でファゴットと室内楽の教授の任にある。

今仁 喜美子(Kimiko Imani)

今仁 喜美子(Kimiko Imani)

ピアノ

プロフィールを見る

桐朋学園音楽大学卒業後渡独、デトモルト音楽大学を最優秀の成績を得て卒業。これまでに広瀬康、アナトール・ウゴルスキ各氏に師事。ヨーロッパ各地、ロシアや日本においてソロ、室内楽、オーケストラとの共演で好評を博す。「国際オ-ボエコンクール・軽井沢(第8~10回)」にて公式伴奏ピアニストを務めた。室内楽の分野において、ベルリンフィル、バイエルン放送響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、オスロフィルなど一流オーケストラのソリストや多くの演奏家より信頼を受け共演を重ねている。
現在演奏活動の傍ら、デトモルト音楽大学をはじめライプツィヒ音楽大学、ベルリン芸術大学にて後進の指導に勤める。