SonyMusicFoundation|公益財団法人ソニー音楽財団

コンサートのご紹介

Dream Seats

【公演番号:DS13】11/14 新日本フィルハーモニー交響楽団 #565 ジェイド<サントリーホール・シリーズ>

【公演番号:DS13】11/14 新日本フィルハーモニー交響楽団 #565 ジェイド<サントリーホール・シリーズ>

2016年11月14日(月) サントリーホール(東京都)
19:00開演

終了しました

【募集を締め切りました】

公演詳細はこちら

20名様募集(事前応募・応募者多数の場合は抽選)
[S席 小・中・高校生¥2,000 / S席 小・中学生の同伴者(大人)¥2,000]

お申し込み方はこちら

公演詳細

日時
2016年11月14日(月)
19:00開演
場所
サントリーホール (東京都)

○銀座線・南北線『溜池山王駅』13番出口より徒歩約10分
○南北線『六本木一丁目駅』3番出口より徒歩約5分

出演

ワシリー・シナイスキー(指揮)
新日本フィルハーモニー交響楽団(管弦楽)

曲目

交響曲第9番 変ホ長調 op.70(ショスタコーヴィチ)
交響曲第5番 ホ短調 op.64(チャイコフスキー)

※やむを得ぬ事情により、出演者・曲目は変更となる場合がございます。

♪聴きどころ♪
ロシアの名匠ワシリー・シナイスキーが新日本フィルとともに、母国ロシアの2つの対照的な交響曲を指揮します。
ひとつは20世紀の作曲家ショスタコーヴィチによる交響曲第9番。ロシアの交響曲というよりはソ連の交響曲と呼ぶべきかもしれません。ソ連時代、芸術家たちの創作活動は国家の管理のもとにありました。ショスタコーヴィチが交響曲第9番を書くにあたって、当局が期待したのはベートーヴェンの「第九」のような壮大な大作。しかし作曲家はその期待を裏切って、軽やかなユーモアとアイロニーを感じさせる曲を発表します。いわば、命がけの肩透かし。
一方、19世紀に書かれたチャイコフスキーの交響曲第5番は、ロマンあふれる力強い名作。苦悩を通じて勝利へと至る「第5番」は、ベートーヴェンの「運命」を連想させます。手に汗握る音のドラマをご堪能ください。
(文:飯尾洋一)

チケット情報

申込期間
10月19日(水) 〜 10月25日(火)
料金

【全席指定・税込】
S席 小・中・高校生¥2,000
S席 小・中学生の同伴者(大人)¥2,000
20名様募集(事前応募・応募者多数の場合は抽選)

━━━━━━━━━━━━━━━
注意事項 ※必ずお読み下さい
━━━━━━━━━━━━━━━
※対象公演へのお申し込みには、まずメンバー登録が必要です。
※Dream Seatsは、⼩学⽣・中学⽣・⾼校⽣を対象としています。「未就学児」、「⼤⼈の⽅のみ」のお申し込みはできません。
※個人情報保護のため、15歳未満の方は必ず保護者のお名前でお申し込みください。15 歳以上の⽅はご本⼈のお申し込みも可能です。
※小学生・中学生のメンバーの方は、大人の同伴者の分も同一価格にてお申し込みいただけます。高校生の方は、大人の同伴者の分のお申し込みはできません。
※定員を超えるご応募があった場合は、抽選となります。また、お申し込み締切日以降の変更・キャンセルはできませんので、予めご了承ください。
※当選した方にのみ、お申し込み締切後10日以内に、ご入金方法・チケットの配送方法等が記載された当選状を郵送いたします。
※必要事項に記入もれがあった場合は、お申し込みを無効とさせていただきます。