SonyMusicFoundation|公益財団法人ソニー音楽財団

コンサートのご紹介

0才からのクラシック®

Concert for KIDS~0才からのクラシック®~

Concert for KIDS〜0才からのクラシック®〜

2015年3月14日(土) Hakuju Hall(東京都)
10:30開場/11:00開演

終了しました

公演詳細

日時 2015年3月14日(土)
10:30開場/11:00開演

約1時間(休憩なし)

場所 Hakuju Hall (東京都)

○千代田線『代々木公園駅』出口1より徒歩5分
○小田急線『 代々木八幡駅』南口より徒歩5分

出演

大森 智子(ソプラノ)
礒 絵里子(ヴァイオリン)
田中 靖人(サックス)
白石 光隆(ピアノ)

曲目

オペラ「椿姫」より『乾杯の歌』(ヴェルディ)
小犬のワルツ(ショパン)
オペラ「ホフマン物語」より『オランピアのアリア』(オッフェンバック)
オペラ「ラ・ボエーム」より『私が街を歩くと』(プッチーニ)
チャールダーシュ(モンティ)
ひばり(ディニク)
ぞうさん~やぎさんゆうびん~アイアイ
魅惑のリズム(ガーシュウィン)
「スカラムーシュ」より『ブラジレイラ』(ミヨー)
オペレッタ「メリー・ウィドウ」より『メリー・ウィドウ・ワルツ』(レハール)
トルコ行進曲(モーツァルト)
バレエ「くるみ割り人形」より『トレパック』(チャイコフスキー)
リベルタンゴ(ピアソラ)
きらきら星変奏曲(アダン)

※曲目は変更になる場合がございます。

主催 Sony Music Foundation
共催 Hakuju Hall株式会社白寿生科学研究所
協賛 ソニー株式会社ソニー生命保険株式会社

チケット情報

発売日 12月10日(水) 一般発売
11月26日(水) 〜 12月4日(木) イープラス先行発売
料金

【全席指定・税込】
おとな 2,500円
こども(0才~小学生) 1,500円

※小さなお子さまも1名につき1枚チケットが必要です。
※おとなの方のみのご入場はできません。

プレイガイド イープラス  
Hakuju Hall   03-5478-8700 (祝日・休館日を除く火~土 10:00~18:00)

出演者プロフィール

大森 智子(Tomoko Omori)

大森 智子(Tomoko Omori)

ソプラノ

昭和音楽大学卒業、特別賞受賞。1992年に渡仏、パリ・エコールノルマル音楽院を審査員全員一致の首席で卒業、審査員特別賞受賞。その後パリ国立 高等音楽院にてさらに研鑚を積む。在仏中、オペラはナンテール市での「カルメン」のミカエラ、パリ・オペラ座での「カルメル会修道女の対話」等に出演、ま たフランス国内やベルギーなどで宗教曲コンサートや各種コンサートに多数出演。2000年度文化庁国内インターンシップ研修員。帰国後は、昭和音大オペ ラ、藤原歌劇団、新国立オペラにて、「リータ」「愛の妙薬」「夢遊病の娘」「ルチア」「マクベス」「トスカ」「イル・カンピエッロ」等のオペラに出演。ま たコンサート歌手としても、全国各地でおしゃべりや語りを交えたコンサート活動を行うほか、ヘンデル「メサイア」、フォーレ「レクイエム」などの宗教曲、 イタリア初期バロックやフランスバロックの作品を歌い、ソロリサイタルやラモーのオペラに出演するなど、そのみずみずしい感性と透明感のある声をいかして 活躍の場をさらに広げている。
CDは「モンテヴェルディ・デュオ集〜祈りの歌」、「やわらかな歌」がある。
これまでに細川久美子、南條年章、エディット・セリグ、ペーテル・ゴットリーブ、牧野正人の諸氏に師事。2000年文化庁芸術インターンシップ研修員。第 16回日本古楽コンクール第2位(声楽で最高位)。公共ホール活性化事業アーティスト。昭和音楽大学講師。藤原歌劇団団員。

公式ブログ:http://blog.goo.ne.jp/doli-lido/

礒 絵里子(Eriko Iso)

©Masafumi Nakayama

礒 絵里子(Eriko Iso)

ヴァイオリン

桐朋学園大学卒業後、I・オイストラフ氏に招かれ、文化庁芸術家在外派遣研修員としてブリュッセル王立音楽院に留学。大賞受賞し首席修了。マリア・ カナルス国際コンクールほか国内外の数々のコンクールで入賞。世界各地でリサイタル、ソリストとしてチェコフィル、プラハ室内管、ヴェネツィア合奏団など 国内外のオーケストラと多数共演し「知性と感性と技術の実力派」と高い評価を得る。テレビ・ラジオ、宮崎国際音楽祭、草刈民代氏とのコラボレーション、ヤ マハバイオリンのイメージキャラクターも務め、全国各地での学校訪問コンサート、企業環境TVCFの音楽を担当して以来エコロジーに関心を持ち、植林支援 やグリーン電力使用など社会貢献活動に積極的に寄与。洗足学園音楽大学で後進の指導にもあたるなどその活動は多岐にわたる。07年デビュー10周年を記念 しリサイタルシリーズを開始。自身の音楽的基盤を築いた国の作曲家に焦点をあてた第1回「ベルギー・コレクション」は大好評を博し、NHK「クラシック倶 楽部」で放映。若手演奏家世代の一翼を担う実力派ヴァイオリニストとしてメインのソロ活動に加え、デュオ・プリマやアクア・トリニティなど多彩な演奏活動 を展開。真摯な演奏への取り組み、確かな技量に基づいたヨーロッパ仕込みの洗練された感性には定評があり「気負いのないしなやかな活動ぶりが、クラシック 音楽シーンで着実に存在感を放っている」など各媒体で高く評されている。 09年最新CD「フランク&ルクー ヴァイオリン・ソナタ集」をリリース。2010年5月よりFMヨコハマ「SEASIDE CLASSIC」のラジオパーソナリティーを務める。

公式ホームページ:http://www.34-net.com/eriko

田中 靖人(Yasuto Tanaka)

©Anju

田中 靖人(Yasuto Tanaka)

サックス

和歌山県出身。国立音楽大学在学中、第4回日本管打楽器コンクール・サクソフォン部門で第1位を獲得し、鮮やかにデビュー。その音楽性は「内的な詩を持つ大器」とサクソフォンの父とも言える名演奏家マルセル・ミュールをも唸らせた。国立音楽大学を矢田部賞を受賞し卒業後は、高度なテクニックと個性的かつヒューマンな音楽性をソリストとして遺憾なく発揮。数々のリサイタルを聴衆の圧倒的な支持を得て成功させ、1991年には「管楽器ソロ曲集・サクソフォン」でCDデビュー。1995年「ラプソディ」、1997年「サクソフォビア」をEMIミュージック・ジャパンより、2003年「ガーシュイン カクテル」を佼成出版社よりリリース。同年、和歌山県より「きのくに芸術新人賞」受賞。2012年「モリコーネ・パラダイス」をEMIミュージック・ジャパンよりリリース。
一方、室内楽のジャンルでは、サクソフォン四重奏団〈トルヴェール・クヮルテット〉で活躍。1992念の東京国際音楽コンクールで第2位を獲得した同団体は、サントリー大ホールでのリサイタルを成功させ、また、2001年には文化庁芸術祭レコード部門大賞受賞。クラシックを狭い思考にとらわれないCDを制作するなど、幅広い活動で大きな注目を集めている。サクソフォンを故 大室勇一氏に師事。
現在、愛知県立芸術大学講師、昭和音楽大学および同短期大学の講師として後進の指導にあたっている。東京佼成ウインドオーケストラ コンサートマスター。

ホームページ:http://y-tanaka.sunnyday.jp/

白石 光隆(Mitsutaka Shiraishi)

©岩切 等

白石 光隆(Mitsutaka Shiraishi)

ピアノ

1989年に東京藝術大学大学院を修了後、ジュリアード音楽院へ進む。
1990年ジーナ・バッカウアー国際奨学金コンクール入賞。
1991年学内におけるコンチェルト・コンペティションで優勝し、リンカーンセンター内アリスタリーホールでジュリアード・オーケストラとラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第3番」を協演。鋭い感性とパワー溢れる行動力で、アメリカ留学中も幅広く活躍。帰国後は音楽にさらなる深みが増し、ソロ、室内楽、協奏曲 等、そのステージは決して期待を裏切らないクオリティーの高いものとして定評がある。
1994年第63回日本音楽コンクール声楽部門において、優れた日本歌曲の演奏に贈られる木下賞(共演)受賞。レパートリーも広く、邦人、現代作品の分野 でも評価が高く、ジャズへのアプローチも積極的に行なっている。吉松隆、長生淳らの作品を入れたCD『レグルス回路』は山野楽器1998年度アカデミー賞 (現代曲部門)を受賞、またベートーヴェン作品109と、これに触発された矢代秋雄作品を主軸とした『109』、『大指揮者のピアノ曲』、『作曲家ムラ ヴィンスキー』他、いずれも好評である。キングインターナショナルとのベートーヴェン・ピアノソナタシリーズの収録を開始し、2006年8月に3大ソナタ を収めたアルバム第1弾を、2007年9 月には第2弾をリリース。2009年8月に発表した『ピアノによるルロイ・アンダーソン』はアンダーソン遺族より賞讃を受ける。また、2007年2月にリ リースした『成田為三ピアノ曲全集』(世界初録音)は平成19年度(第62回)文化庁芸術祭レコード部門優秀賞を受賞し、各方面から高い評価を得る。
毎年東京で定期的にリサイタルを開催し、意欲的なプログラミングはもとより、近年は透明感ある音に奥行きと厚みが加わり、圧倒的なリズム感と、生き生きと説得力ある演奏スタイルで、回を重ねるごとにファンを増やしている。
次代を担う実力派であると同時に、柔軟な思考回路を持った豊かな人間性。ピアニストで音楽人。白石光隆の宇宙は際限ない。ピアノを金澤桂子、高良芳枝、故 伊達純、小林仁、マーティン・キャニンの各氏に、室内楽をフェリックス・ガリミア、伴奏法をジョナサン・フェルドマンの各氏に師事。現在、東京藝術大学、 お茶の水女子大学非常勤講師。