SonyMusicFoundation|公益財団法人ソニー音楽財団

コンサートのご紹介

Dream Seats

Dream Seats 9/23 新日本フィル

Dream Seats 9/23 新日本フィル

2017年9月23日(土) すみだトリフォニーホール(東京都)
14:00開演

※申し込み期間:後日発表

新日本フィルハーモニー交響楽団 #578 トパーズ<トリフォニー・シリーズ>

公演詳細

日時
2017年9月23日(土)
14:00開演
場所
すみだトリフォニーホール (東京都)

○JR総武線「錦糸町駅」北口より徒歩5分
○東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」3番出口より徒歩5分
○都営バス「錦糸町駅」下車 徒歩5分

出演

ルイ・ラングレ(指揮)
竹澤恭子*(ヴァイオリン)

曲目

序曲「メッシーナの花嫁」(シューマン)
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調*(メンデルスゾーン)
牧神の午後への前奏曲(ドビュッシー)
交響曲第4番 「法悦の詩」 op.54(スクリャービン)

※やむを得ぬ事情により、出演者・曲目は変更となる場合がございます。

♪聴きどころ♪
フランス出身で世界各地で活躍する気鋭の指揮者ルイ・ラングレが、新日本フィルの指揮台に登場します。バラエティに富んだプログラムが用意されました。
前半はドイツの作曲家、シューマンとメンデルスゾーン。三大ヴァイオリン協奏曲のひとつ、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲では日本を代表する名手、竹澤恭子がソロを務めます。
後半はがらっと雰囲気を変えて、繊細であでやかな2曲が並びます。ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」はマラルメの詩を題材に、夢幻的な印象を音にした傑作。スクリャービンの交響曲第4番「法悦の詩」では、目がくらむような極彩色のオーケストレーションが聴きどころです。
(文:飯尾洋一)