SonyMusicFoundation|公益財団法人ソニー音楽財団

コンサートのご紹介

子どもたちに贈るスペシャル・コンサート・シリーズ
10代のためのプレミアム・コンサート

10代のためのプレミアム・コンサート
大野和士×バルセロナ交響楽団(ソニーグループ社員限定特別ページ)

2019年7月29日(月) サントリーホール 大ホール(東京都)
17:15開場/18:00開演

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • mail

 

世界的指揮者 大野和士とバルセロナ響が子どもたちに贈る、心も体も踊り出す、一夜限りのスペシャル・コンサート!
大野和士自身による子どもたちにもわかりやすいレクチャーを交えながら、「バレエ音楽」を楽しく紐解いていきます。 客席と舞台が一体となり、スペイン音楽のリズムや躍動感を体感できるプログラムです。

公演詳細

日時
2019年7月29日(月)
17:15開場/18:00開演

約100分予定(休憩あり)

場所
サントリーホール 大ホール (東京都)

○銀座線・南北線『溜池山王駅』13番出口より徒歩約10分
○南北線『六本木一丁目駅』3番出口より徒歩約5分

出演

大野和士(指揮・おはなし)
バルセロナ交響楽団(管弦楽)
東京シティ・バレエ団(バレエ)ほか

曲目

◆ビゼー:オペラ「カルメン」より前奏曲

◆ラヴェル:組曲「マ・メール・ロワ(マザー・グース)」
第1曲 眠りの森の美女のパヴァーヌ
第2曲 おやゆび小僧
第3曲 陶器人形の皇后
第4曲 美女と野獣の問答
第5曲 妖精の園

◆ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」 第2組曲
(振付:安達悦子/共演:東京シティ・バレエ団)
1.近所の人々の踊り(セギディーリャ)
2.粉屋の踊り(ファルーカ)
3.終幕の踊り(ホタ)

※曲目・演奏者は変更となる場合がございます。

主催
公益財団法人ソニー音楽財団(Sony Music Foundation)
協賛
ソニー生命保険株式会社ソニー銀行株式会社
後援
外務省スペイン大使館港区港区教育委員会
お問い合わせ
公益財団法人ソニー音楽財団(Sony Music Foundation) 03-3515-5261 (平日10:00~18:00)

チケット情報

発売日
4月4日(木) 一般発売
料金

【全席指定・税込・未就学児入場不可】※割引はS席のみが対象です。
S席10代(小1~19才)*  2,500円 → ソニーグループ社員特別価格 2,250円
S席一般(20才以上)        5,000円 → ソニーグループ社員特別価格 4,500円

A席10代(小1~19才)*  1,500円
A席一般(20才以上)        3,000円

*年齢は公演日時点。公演当日、年齢を確認させていただく場合がございます。

24時間いつでもお申し込みが可能です。
専用WEBサイトでお好きなお席をお選びいただけます。

・申込サイトはコチラ
「会員登録がお済の方はこちら」に、以下のIDとパスワードを入力の上、お進みください。
・会員ID:SonyGP
・パスワード:Sony2019SMF
・お申し込み締切: 7月28日23:59まで(売り切れ次第終了)

プレイガイド
ソニー音楽財団オンラインチケット ※上記会員IDとパスワードを入力の上、お申し込みください。

出演者プロフィール

大野 和士(Kazushi Ono)

©Herbie Yamaguchi

大野 和士(Kazushi Ono)

指揮

プロフィールを見る

東京生まれ。東京藝術大学卒。ピアノ、作曲を安藤久義氏、指揮を遠藤雅古氏に師事。バイエルン州立歌劇場にてサヴァリッシュ、パタネー両氏に師事。
1987 年イタリアの「トスカニーニ国際指揮者コンクール」優勝。以後、世界各地でオペラ公演ならびにシンフォニーコンサートの客演で聴衆を魅了し続けている。
90-96 年クロアチア、ザグレブ・フィル音楽監督。96-2002 年ドイツ、バーデン州立歌劇場音楽総監督。92-99 年、東京フィル常任指揮者を経て、現在同楽団桂冠指揮者。02-08 年ベルギー王立歌劇場(モネ劇場)音楽監督。12-15 年イタリアのアルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者、08-17 年フランス国立リヨン歌劇場首席指揮者を歴任。15 年から東京都交響楽団ならびにバルセロナ交響楽団音楽監督。18 年9 月、新国立劇場オペラ芸術監督に就任。
オペラでは、07 年 6 月にミラノ・スカラ座デビュー。その後、メトロポリタン歌劇場、パリ・オペラ座、グラインドボーン音楽祭、エクサンプロヴァンス音楽祭への出演などが相次いでいる。芸術選奨文部大臣新人賞、日本芸術院賞ならびに恩賜賞、朝日賞など受賞多数。紫綬褒章受章。文化功労者。
17 年 5 月、大野和士が 9 年間率いたリヨン歌劇場は、インターナショナル・オペラ・アワードで「最優秀オペラハウス 2017」を獲得。6 月にはフランス政府より芸術文化勲章「オフィシエ」を受勲。同時にリヨン市からもリヨン市特別メダルが授与された。

バルセロナ交響楽団(Barcelona Symphony Orchestra - the National Orchestra of Catalonia)

バルセロナ交響楽団(Barcelona Symphony Orchestra - the National Orchestra of Catalonia)

管弦楽

プロフィールを見る

1944年創立。2015年9月から大野和士が音楽監督を務めている。
その70年以上の歴史を通して、世界的に著名なソリストと共に、ファリャ、アルベニス、バルトーク、ビゼー、ロドリーゴらの作品に焦点を当てた録音をリリース。近年では大野和士指揮によるショスタコーヴィチ:交響曲第13番≪バビ・ヤール≫のライヴ録音がALTUSレーベルよりリリースされた。
著名な指揮者やソリストの客演も多く、これまでにエリアフ・インバル、ダニエル・バレンボイム、トン・コープマン、マルク・ミンコフスキーらの指揮者、ラドゥ・ルプー、モンセラート・カヴァリエ、アリシア・デ・ラローチャ、ミッシャ・マイスキー、ピンカス・ズーカーマン、マルタ・アルゲリッチ、ギドン・クレーメル、ワディム・レーピンらのソリストと共演。
ツアーも楽団にとって重要なプロジェクトのひとつであり、ニューヨークのカーネギー・ホールなど世界的に著名なホールへ客演、ロイヤル・アルバート・ホールで開催されるBBCプロムスなど国際的な音楽祭に出演している。
リセウ大劇場でのオペラ公演にも定期的に参加しており、近年ではプロコフィエフ『賭博』、R. シュトラウス『ダフネ』、モーツァルト『魔笛』、ワーグナー『リエンツィ』、プッチーニ『外套』などに出演した。
クラシック音楽から現代音楽まですべてのジャンル、とりわけカタルーニャ地方の作曲家の作品の普及に努めている。 今回の来日は実に24年ぶりとなる。

東京シティ・バレエ団(TOKYO CITY BALLET)

©Takashi Shikama

東京シティ・バレエ団(TOKYO CITY BALLET)

バレエ

プロフィールを見る

1968年、日本のバレエ界では初の合議制バレエ団として設立。以来、古典と創作を両輪のごとく上演するという創立理念を大切に、全国はもとより海外も含め、意欲的な活動を続けている。1994年から東京都江東区と芸術提携を結び、ティアラこうとう(江東公会堂)をホーム劇場に、「白鳥の湖」「ジゼル」などの古典バレエの名作や、「ロミオとジュリエット」「真夏の夜の夢」「カルメン」などのオリジナル作品、オーケストラとバレエが同じ舞台上で共演する「オーケストラwithバレエ」、オーディションで選ばれた子ども達と共演する「くるみ割り人形」と、東京シティ・バレエ団ならではの多彩なプログラムを芸術提携公演として年4演目上演している。また、江東区内小学校にて毎年アウトリーチ事業(2014年第8回キッズデザイン賞受賞)を実施し、「Ballet for Everyone ─バレエの楽しさと豊かさを、すべての人と分かち合う─」というビジョンの下、バレエの普及活動も積極的に行っている。2016年7月公益財団法人設立。
2018年に創立50周年記念公演として藤田嗣治美術による「白鳥の湖」を大野和士氏の指揮(演奏:東京都交響楽団)で上演し高く評価された。