SonyMusicFoundation|公益財団法人ソニー音楽財団

チケット購入

コンサートのご紹介

3才からのクラシック®

Concert for KIDS~3才からのクラシック®~

Concert for KIDS〜3才からのクラシック®〜

2016年4月30日(土) ホテルニューオータニ 鶴の間 (東京都)
10:00開場/10:30開演

終了しました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • mail

公演詳細

日時
2016年4月30日(土)
10:00開場/10:30開演

約1時間(休憩なし)

場所
ホテルニューオータニ 鶴の間 (東京都)

○銀座線・丸ノ内線『赤坂見附駅』D紀尾井町口より徒歩3分
○半蔵門線『永田町駅』7番口より徒歩3分
○有楽町線『麹町駅』2番口より徒歩6分
○JR中央線・総武線、丸ノ内線・南北線『四ツ谷駅』麹町口・赤坂口より徒歩8分

出演

鵜木 絵里(ソプラノ)
デュオ・プリマ(ヴァイオリン・デュオ)
荒川 洋(フルート)
田中 靖人(サックス)
Buzz Five(金管五重奏)
浜 まゆみ(マリンバ)
中川 賢一(ピアノ)

曲目

オペラ「アイーダ」より『凱旋行進曲』(ヴェルディ)
ヴァイオリン協奏曲「四季」より『春』第1楽章(ヴィヴァルディ)
組曲「ペール・ギュント」より『朝』(グリーグ)
オペラ「ラ・ボエーム」より『私が街を歩くと』(プッチーニ)
「真夏の夜の夢」より『結婚行進曲』(メンデルスゾーン)
威風堂々第1番(エルガー)
魅惑のリズム(ガーシュウィン)
「展覧会の絵」より『プロムナード』『キエフの大門』(ムソルグスキー)
オペラ「ウィリアム・テル」より序曲(ロッシーニ)
道化師のギャロップ(カバレフスキー)
オペラ「カルメン」より前奏曲(ビゼー)
そりすべり(アンダーソン)
ボレロ(ラヴェル)

※曲目、曲順は変更となる場合がございます。

主催
ホテルニューオータニ
協賛
ソニー株式会社ソニー生命保険株式会社ソニー銀行株式会社
企画制作
Sony Music Foundation
お問い合わせ
ホテルニューオータニ バンケットコーディネーション 03-3234-7777 (9:00~19:30)

チケット情報

発売日
3月10日(木) 一般発売
料金

料 金 【全席指定・税込】
おとな 3,500円
こども(3才~小学生)1,500円

※3才未満のお子さまのご入場はできません。

プレイガイド
ホテルニューオータニ バンケットコーディネーション 03-3234-7777 (9:00~19:30)

出演者プロフィール

鵜木 絵里(Eri Unoki)

©深谷義宣aura.Y2.

鵜木 絵里(Eri Unoki)

ソプラノ

プロフィールを見る

東京藝術大学卒業。同大学大学院、および二期会オペラスタジオ修了後、イタリア政府給費生としてミラノへ留学。イタリア・オルヴィエート国際コンクール第2位。マンチネッリ劇場『ファルスタッフ』ナンネッタ、佐渡裕指揮・宮本亜門演出『キャンディード』クネゴンデ、二期会『コジ・ファン・トゥッテ』(06年度文化庁芸術祭大賞)デスピーナ、『ホフマン物語』オランピア、新国立劇場『魔笛』パパゲーナ、日生劇場『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル等を演じ、卓越した歌唱と演技力で好評を博す。テレビ朝日「題名のない音楽会21」、BSプレミアム「クラシック倶楽部」、NHK-Eテレ「シャキーン」等メディアにも数多く出演。また、ソニー音楽財団<Concert for KIDS>を始め、全国各地におけるアウトリーチや教育プログラムにも積極的に取り組んでいる。“MOZART SINGERS JAPAN”CD《コジ・ファン・トゥッテ》リリース。桐朋学園芸術短期大学、桐朋学園大学、洗足学園音楽大学非常勤講師。二期会会員

デュオ・プリマ(Duo Prima)

デュオ・プリマ(Duo Prima)

ヴァイオリン・デュオ

プロフィールを見る

従姉妹同士のふたり(礒 絵里子&神谷 未穂)から成るヴァイオリン・デュオのユニット。<主役>を表す<Prima>はスペイン語で<女性の従姉妹>の意味を持つ。それぞれがソリストとして活躍する中、2001年に結成。以後全国各地でリサイタルを開催。内外の多くのオーケストラとの共演、TV放送への出演を重ね注目を集めている。3枚のCDをリリースし、常設のデュオ・ヴァイオリンユニットとして更なる活動をめざしている。

荒川 洋(Hiroshi Arakawa)

荒川 洋(Hiroshi Arakawa)

フルート

プロフィールを見る

仙台市出身。国立音楽大学を経て、1997年パリ国立高等音楽院フルート科をプルミエ・プリ(第1位)で卒業。在学中に第14回日本管打楽器コンクール入賞。1998年帰国後、小澤征爾に認められ、同年新日本フィルのフルート副首席奏者に就任。以来2019年に退団するまで22年間副首席・首席を勤めた。
在団中よりソリストとしてリサイタル他、仙台フィル、ピエール・アモイヤル率いるカメラータ・ド・ローザンヌ他と共演。室内楽の名手としても活躍し、カルテット・エスペラント、ポクリス、東京パリアンサンブルのメンバーも務める。作曲活動にも力を入れており、2011年クラリネット作品コンクールにて第3位入賞。室内楽曲、合唱曲、校歌等も手掛け、その作品は120曲以上。
様々な録音に奏者として参加。映画「千と千尋の神隠し」「崖の上のポニョ」「最後の忠臣蔵」「太平洋の奇跡」、サントリーCM「伊右衛門」、ドラマ「植物図鑑」「獣医ドリトル」他多数。ソロCDは5タイトルを発表しており、最新は「フルート名曲31選」。NHKをはじめとするテレビ、ラジオ出演も多い。
2020年より、活動の場をオンラインにも広げ、YouTubeにて新曲を発表し話題に。Udemyでの学習講座は好評を博している。
オフィシャルホームページ:https://hiroshiarakawa.com

田中 靖人(Yasuto Tanaka)

Ⓒamigraphy

田中 靖人(Yasuto Tanaka)

サックス

プロフィールを見る

和歌山県和歌山市に生まれる。国立音楽大学在学中、第1回日本管打楽器コンクール第2位、第4回日本管打楽器コンクール第1位を受賞。
1990年東京文化会館でデビューリサイタルを開催。以来、国内外でリサイタルなど幅広い活動を行っている。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団、名古屋フィル交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団など、ソリストとしてオーケストラとの共演も多数。
2000年より(一財)地域創造主催の「公共ホール活性化事業」のアーティストとして、リサイタル、アウトリーチ コンサートも意欲的に行っている。2003年和歌山県より「きのくに芸術新人賞」を受賞。
ソロ・アルバムに、1991年「管楽器ソロ曲集・サクソフォーン」(日本コロムビア)、1995年「ラプソディ」(EMI music japan)、1997年「サクソフォビア」(EMI music japan)、2003年「ガーシュインカクテル」(佼成出版社)、2012年「モリコーネ パラダイス」(EMI music japan)をリリース。
また、サクソフォーン四重奏団 トルヴェール・クヮルテットのメンバーとして活躍し、これまでに10枚を超えるアルバムをリリース。2001年文化庁芸術祭レコード部門”大賞”を受賞。
現在、東京佼成ウインドオーケストラコンサートマスター、国立音楽大学、愛知県立芸術大学、昭和音楽大学、桐朋学園大学各講師、札幌大谷大学客員教授、名古屋音楽大学客員教授。

Buzz Five(Buzz Five)

©chihiro hashimoto

Buzz Five(Buzz Five)

金管五重奏団

プロフィールを見る

東京藝術大学の 同期生によって1997年に結成。トランペット2本、ホルン、トロンボーン、テューバで構成 される。2000年東京藝術大学室内楽定期演奏会への出演を 皮切りに、本格的に活動を開始。FIFAワールドカップや日展のオープニングセレモ ニーを始め、 数々のイベントにも招かれる。ジャパン・ブ ラス・コンペティション2001」金管五重奏部門第1位、併せて、大賞、洗足学園賞、川崎市長賞 を受賞。 個々の演奏技術やアンサンブル能力に加え、 音楽の楽しさが伝わる舞台進行や、吹奏楽の指導者としての能力も、高く評価されている。活動の場は全国に及び、アウトリーチ活動にも大き な力を注いでいる。一般財団法人地域創造の公共ホール音楽活性化事業では2004年より登録アーティストを務め、全国各地の 公共ホールでの演奏と併せて、地域との交流や、吹奏楽の指導にも積極的に取り組んでいる。また、2005年より、埼玉県芸術文化振興財団「MEET THE MUSIC~アーティスト が学校にやってくる」に出演。毎年、県内各地の公立学校を訪れ好評を博している。2010年に伊豆市の全小・中学校31校を訪問した音楽鑑賞教室でも、子ども たちに大きな感動を届けた。 2002年にファーストアルバム「Disc Buzz」、2009年にセカンドアルバム「バズーカ」をリリー ス。2013年にリリースした「Buzz plays BACH」は、東京文化 会館でのCD発売記念コンサートとともに、各方面で高く 評価される。渡辺満里奈作・出演の音楽絵本「ありがとうターブゥ」では音楽を担当し、コンサートも数多く出演、2010年にDVD化され、大好評を得ている。これまでに室内 楽を栗田雅勝、神谷敏の両氏に師事。日本を代表する金管アンサンブルとして国内外での更なる活躍が期待される。

公式facebook:https://ja-jp.facebook.com/brassquintet.buzzfive
公式ホームページ:https://buzzfive.jimdo.com/

浜 まゆみ(Mayumi Hama)

浜 まゆみ(Mayumi Hama)

マリンバ・パーカッション

プロフィールを見る

桐朋学園大学音楽学部演奏学科打楽器科マリンバ専攻を首席で卒業。同大学研究科修了後、アメリカミシガン大学打楽器科大学院留学。1999 年、第 2 回世界マリンバコンクール第2 位。
「技術の確かなことは言うまでもないが、音楽へのアプローチが自発的で楽曲の構成力と楽音の緻密な彫琢力を併せ持ち、表現はのびのびと開放され演奏は自在である」、「柔らかく俊敏な肉体と創造する精神、一本の木片に潜む悠久の響きへの予感力」と高く評されている。
これまでに東京交響楽団、サンフランシスコ チェンバーオーケストラとの共演、NHK、NHK 教育テレビ出演、国際打楽器芸術協会(PAS)コンベンション(アメリカ)において The New Music / Research Day“ Time for Marimba”にて招聘演奏・パネリストとして出席など国内外の数々のフェスティバルにて招聘演奏を行う。また全国各地にてアウトリーチやコンサートを行なう傍らで、アメリカ、アジアの大学等にてマスタークラスも行っている。ユニバーサル・マリンバ・フェスティバル(ベルギー)、台北国際パーカッションコンベンション(台湾)、第6回世界マリンバコンクールシュツットガルト 2012(ドイツ)にマリンバ・アンサンブル・ジャパン(MEJ)のメンバーとして出演。
2000 年にアメリカからリリースしたソロ CD“Soundscapes”は 「浜まゆみは並外れたマリンバ奏者である。完璧な技術と洗練された表現力とともに、ダイナミックと音色をコントロールする非凡な才能を持ち合わせている―American Record Guide-」、「私は幾枚かのマリンバアーティストによる素晴らしい作品を聴いたことがあるが、浜の作品はその中のトップであり、彼女の正確かつ表現の精神性は同様に驚異的である。-Percussive Notes-」等、各誌で高い評価を受けている。2010 年、マリンバデュオ CD “The Breath of the Tree” をリリース。
マリンバを安倍圭子、マイケル・ウドー、打楽器を佐野恭一、マイケル・グールドの各氏に師事。

中川 賢一(Ken’ichi Nakagawa)

©Mika Oizumi

中川 賢一(Ken’ichi Nakagawa)

ピアノ

プロフィールを見る

桐朋学園大学音楽学部でピアノを専攻し、同時に指揮も学ぶ。卒業後渡欧し、ベルギーのアントワープ音楽院を首席修了。在学中にフォルテピアノ、チェンバロも習得。1997年オランダのガウデアムス国際現代音楽コンクール第3位。ヨーロッパ、北米、南米、アジアの国々の音楽祭出演。日本ではサントリーサマーフェスティバル、東京の夏音楽祭、武生国際音楽祭に度々参加。1998年帰国後はソロ、室内楽奏者、指揮者として活動。新作初演も多い。NHK-FMに度々出演。現代音楽アンサンブル、アンサンブル・ノマドのピアニスト・指揮者として活動する他、ダンスや他分野とのコラボレーションも多い。夏木マリの「印象派」シリーズに連続出演、音楽監督も行う。故・頼近美津子、伊藤ひろ子、平野文らの朗読と音楽のコラボレーション、「Just Composed in Yokohama 2003」、「超難解音楽祭」(仙台)音楽監督・プロデュース。アニメーション監督宇井孝司氏と音楽とアニメ(ワークショップ参加者の描いた絵をアニメーション化する)のコラボレーションなども展開。指揮者としては、東京室内歌劇場、東京フィル、広響、仙台フィル他と共演。また、東京フィル、札響、水戸室内管、NHKテレビ「名曲探偵アマデウス」等で、様々な対象へピアノ演奏とトークを交えたアナリーゼを行っている。(一財)地域創造の登録アーティストを務め、全国各地でアウトリーチ活動、ワークショップやコンサートを行う一方、地元参加型の舞台作品制作などに指揮者・編曲者として携わる。また、現代音楽を初めて聞く方へのレクチャーコンサート、ワークショップも積極的に行い現代音楽の普及にも務めている。子供向けのプロジェクトも多く、未就学児参加可能の演奏会、幼児向けの音楽会のプロュースも数多く行っている。お茶の水女子大学、桐朋学園大学非常勤講師。

公式ホームページ:http://nakagawakenichi.jp
Facebook:https://www.facebook.com/nakagawa.kenichi.96
ブログ、ツィッターも随時更新